本日のランチ


by r5m2q2wzpu

<通貨偽造容疑>偽1万円札66枚印刷 男2人再逮捕 愛知(毎日新聞)

 愛知県内などで大量の偽1万円札が見つかった事件で、愛知、京都、滋賀、静岡の4府県警合同捜査本部は6日、いずれも愛知県豊川市の無職、河野大輔(23)と牧瀬和也(23)の両被告=偽造通貨行使罪で起訴=を通貨偽造容疑で再逮捕した。捜査本部は2人が09年8〜11月、同県東三河地域の個人商店などを中心に4府県などで約170枚の偽1万円札を使ったとみて、裏付けを進めている。

 容疑は共謀して09年11月19日ごろ、河野容疑者の自宅などで、プリンター複合機を使って1万円札をコピー用紙に印刷し、はさみで切って偽1万円札66枚を作ったとしている。捜査本部によると、2人はこのうち27枚を京都市内の牛丼店や愛知県豊川市内のスーパーなどで使用し、約24万5000円の釣り銭を得ていた。

 調べに2人は「釣り銭を稼ぎ、借金返済や遊興に使おうと思った」と容疑を認めているという。

 2人は中学の同級生。個人商店などを狙った理由について、河野容疑者は「ばれにくい店を狙った」と供述しているという。【秋山信一】

【関連ニュース】
強盗:容疑で2少年逮捕 余罪も追及−−飯塚署 /福岡
裁く・裁かれる:ながの裁判員制度 3月8日から、4例目の対象裁判 /長野
裁判員裁判:「家族考え更生を」 通貨偽造行使、被告に有罪判決 /熊本
裁判員裁判:通貨偽造罪の被告に猶予刑−−地裁判決 /岐阜
裁判員裁判:県内4例目 被告、起訴内容認める 懲役3年求刑、結審 /熊本

もうすぐ1年システムエンジニア奮闘記
ALL IN
クレジットカード現金化
クレジットカード現金化 比較
即日現金化
[PR]
by r5m2q2wzpu | 2010-01-13 22:05